子供のためのクラスから・春のスケッチ 

今回は子供のためのクラスから
4月におこなわれた「春のスケッチ」の模様をお届けします

子供のためのクラス春のスケッチ

アトリエ裏手の路地に出て、それぞれ散って1回描き切りで描きました

子供のためのクラス春のスケッチ

外に出て見えるものすべてが題材、、そこで何を描くかは各自の自由です
画材も自由、色は少しでも塗れるといいのですがモノクロでもオッケー

子供のためのクラス春のスケッチ

ではではみんなの「春のスケッチ」そのいくつかを見ていってみましょう
ちょうど春花の咲く時期でしたのでお花題材も多かったですね

タンポポに
子供のためのクラス春のスケッチ

フリージアに
子供のためのクラス春のスケッチ

チューリップに
子供のためのクラス春のスケッチ

こちらもフリージア
子供のためのクラス春のスケッチ

これはムスカリですね
子供のためのクラス春のスケッチ

どれもよく描けています、いいですね
切り花でなく地面から生えているところを観察出来ているのがミソですね

もっと細部というか部分に注視したスケッチもあります

植物にもみんな個性があります、細部をよく観ていますね
子供のためのクラス春のスケッチ

葉っぱや気になったパーツを見つけて描きとめました
子供のためのクラス春のスケッチ

ツバキの花部分に注視、、いいカタチを留めることが出来ました
子供のためのクラス春のスケッチ

葉っぱを観ながらデザイン的な観点でもって描いていますね
子供のためのクラス春のスケッチ
そもそも葉っぱの色カタチなんてどれもすぐれたデザインだものね〜

辺りを景色や風景のとらえかたで観たスケッチもあります

途中かもしれません、けれどその場の雰囲気をよく伝えられています
子供のためのクラス春のスケッチ

景色の中に動体の鳥などが入ると生き生きしてきますね
子供のためのクラス春のスケッチ

よく生きものを知っています、自然界への興味がしっかりと出ています
子供のためのクラス春のスケッチ

みんなの興味がバラバラであちこち向いているのもいいですね
自分が何を見ていて何に興味を持っているのか?
そこが美術にとってのオリジナリティーにつながる大事なキモになります

私たちのような絵描きさんも題材を求めてよく外でスケッチをしますから
「絵は外で描くのこそが気持ちイイ」ことをよく知っています
これは描いて体感してはじめてわかることですね

やっぱり外で描くのはいいですね、、またやりましょう!

大人のためのクラスから・この頃の制作いろいろ 

今回は大人のためのクラスから、、この頃の制作ぶりをお伝えします

はじめに自由制作から数点ピックアップ

完成作です、下地作業に水晶末等を使って描画は水干絵の具と顔彩です
大人のためのクラスから・制作いろいろ
木漏れ日の光と緑の階調が絡んで柔らかな雰囲気を作っています

完成作、ねぶた祭です。透明水彩を使って描きました
大人のためのクラスから・制作いろいろ
にじみを多用した味わいのある画面です

制作中の作品、雲肌麻紙に岩絵の具を使った日本画技法で描いています
大人のためのクラスから・制作いろいろ

次作のためのエスキース、夕景伊勢志摩の試作です
大人のためのクラスから・制作いろいろ

制作中作品です、立石海岸をモチーフとしてカタチを起こしはじめたところです
大人のためのクラスから・制作いろいろ

制作中です、ここからいよいよ彩色に入ります
大人のためのクラスから・制作いろいろ

制作中の寒川神社、建築物はここまでカタチを起こすだけでも大変、、じっくり進みましょう
大人のためのクラスから・制作いろいろ

ドライ羅漢果の淡彩画、淡い塗りでバランス良く仕上げました
大人のためのクラスから・制作いろいろ

同じくドライ羅漢果のこちらは鉛筆素描、キレのある描写です
大人のためのクラスから・制作いろいろ

基礎デッサンで手の鉛筆素描、まだ経験浅めですが質の描き分けも出来ています
大人のためのクラスから・制作いろいろ

コーラ瓶の鉛筆素描、しっかり迫って突き詰めて、、仕上げました
大人のためのクラスから・制作いろいろ

ガラス器の鉛筆素描、ガラスならではの影の現象部分に着眼、、イイと思います
大人のためのクラスから・制作いろいろ

基礎デッサンで経験を重ねていったり、自己の作品探求でいろいろ画材を試してみたり
作品仕上げを見きわめる人、次作図柄の思索にふける方々

相変わらずの大人のための美術倶楽部な感じです

展覧会のお知らせ・青山美子 古屋麻里奈 日本画展 

青山美子2人展DM

展覧会のお知らせです

「青山美子 古屋麻里奈 日本画展」
会期 4月24日(水)~30日(火)(最終日16時閉場)
会場 西武池袋本店 6階アート・ギャラリー

西武池袋本店WEB (展示作品解説 作家紹介など)↓↓ 
https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/topics/page/1327130.html

青山美子2人展DM2


青山アトリエでは先生にてお馴染みの青山美子
湘南地方の画家仲間「漣の会」つながりでもある 古屋麻里奈との競演になります

全体で30点ほどの作品数になると聞いています
「いきもの百態」と銘打たれた展覧会、どんな展観になりますでしょうか
展示会場をいまから楽しみにしています

どうかお近くにお越しの際はぜひにお立ち寄り下さい

中高生のためのクラスから・鉛筆画 

今回は中高生のためのクラスからで「鉛筆画」になります
「何らかのキャラを入れ、鉛筆を使って自由に描きましょう」これが今回のお題です

完成作からお見せしていきます

いいね!グラデーションの幅も十分、ドラゴンとおろちのウロコ描写が効いてます
鉛筆画

ちょっと不思議な雰囲気と味わいを感じる描写ですよ
鉛筆画

鉛筆で描く、その特徴というとモノクロ(白黒)になるということでしょう
モノクロ画といえば東洋には墨の文化があるわけです

「墨に五彩あり」なんて言葉を聞いたことありますでしょうか?

いいですね〜、狙いを持って描かれています、、目玉の配置に絵柄も考えられています
鉛筆画

水墨は白から黒の階調幅(グラデーション)を使って色相を限定した描法ですが
そこに五彩を感じるほど奥深いものがある、、ということですね

夜の漆黒にハーフトーンも表現出来ました、おかげで月が映えています
鉛筆画

まあそう難しく考えずとも現代ではマンガなんかはほぼモノクロの表現ですからね
ごく普通一般に見慣れて馴染みある表現技法なのでは、、とも思います

ベタ黒をしっかり作ってみると空の階調が遠くまで抜けていきました

鉛筆画

面分割された平面的な画面、濃淡を効果的に考えて配置出来ました
鉛筆画

鉛筆と練りゴムだけでどんな表現が出来るのか?

マンガコマ割りを引用したドラえもんのコラージュ
鉛筆画

鉛筆の硬軟を使い分けてまた筆圧の強弱を使い分けて
漆黒から淡色まで幅広いグラデーションが作ることが出来るのか?

いいですね、階調幅に質の描き分け、、調子を上げてます
鉛筆画

線描き用途の多い鉛筆ですが、しっかりと塗り込んで面でとらえて描いてみる
そのあたりが今回の鉛筆画を描く要点となります

鉛筆をよく使い分けたグラデーションに世界観を感じます、、襟元の描写がニクイです
鉛筆画


以下、もう少しで完成の作品からもできるだけ多く載せておきたいと思います

鉛筆画

鉛筆画

鉛筆画

鉛筆画

鉛筆画

子供のためのクラスから・ニコニコパフェ 

今回は子供のためのクラスから
学年末のお楽しみ、恒例お料理イベントの様子からお伝えします

今回のお題は「ニコニコパフェ」でございます

ではでは手順を追って見てみましょう
ニコニコパフェ

黒糖とアガーを計量の上投入し
ニコニコパフェ

バットにあけて冷めて固まれば黒糖ゼリーです
ニコニコパフェ

お次は白玉粉に水を加えて
ニコニコパフェ

よ〜く練って耳たぶくらいの硬さに調整したら
ニコニコパフェ

よもぎ粉 ほうじ茶粉 黒練りゴマ等々の色粉を投入
ニコニコパフェ

さらによく練ってなじませます
ニコニコパフェ

これで色付き6色の白玉粉が出来ました
ニコニコパフェ

さあ粘土工作の開始ですよ
ニコニコパフェ

今回のメイントッピング
ニコニコパフェ

茹でたら氷水に浸けて冷やします
ニコニコパフェ

いよいよ終盤、用意した具材色々をカップにまとめていきますよ
ニコニコパフェ

ほらっ!出来たーー これで「ニコニコパフェ」の完成です
ニコニコパフェ

どうでしょう、、ニコニコしちゃいません?
ニコニコパフェ

絵画教室ですからね〜、、見た目デザインもこだわりどころです
ニコニコパフェ
ニコニコパフェ

ではでは、、いっただきま〜す
ニコニコパフェ

お味はアガーや白玉にフルーツと食感の変化も楽しく、そこにやさしい甘さがついて来て
とっても美味しゅうございました〜 (^^ )

子供のためのクラスから・気球に乗って 

今回は子供のためのクラスから
このごろの絵の制作ぶりからお伝えします

19.3子供クラス気球の絵-1

お題は「気球に乗って」
お題からそれぞれ自由に想像を広げて好きに描いちゃいましょう、ということ

子供クラス 気球の絵

ではでは、完成作から
まとめて出来るだけ多めに載せてみます

子供クラス気球の絵

いつも通りで画材も自由です
使いたい絵の具、色鉛筆にペンにパステル等々各自好きに選んで描きます

子供クラス気球の絵

気球1つのワードからそれぞれいろんなイメージが広がっていきます

子供クラス気球の絵

絵はイメージや想像力の遊びとも言えます
なにかの決まりや、やってはいけないことなんかが1つもないのが特徴です

すべては「個のイメージに沿って」、、絵では肝心なことです

展覧会のお知らせ・KAO exhibition 「おかえり」 

生徒展覧会告知

大人のためのクラスに通われている生徒さんが個展を開きます

ーー KAO exhibition 「おかえり」ーー

会場はアトリエ最寄りの金沢八景駅至近にある「8Kギャラリー」にて
会期は3月21日(木)〜3月23日(土) 10時〜19時

描きためてきた平面作品にレジンアートの小物達を合わせて展示します

生徒展覧会告知


会場はパステルの色合いを基調とした、あたたかい展観になるかと存じます
どうかお近くにお越しの際はご覧になってください

大人のためのクラスから・この頃の制作いろいろ 

今回は大人のためのクラスから、この頃の制作いろいろにてお伝えします
それではさっそく自由作画の完成作2点から

オーストリア旅の印象です、、顔彩アクリルの併用で描かれました
大人のためのクラスから・制作いろいろ
色のコクに画肌の抵抗感に力強い描線、、個性がしっかり発揮されています

天の川を眺めるフクロウ、、エアブラシを多用しつつアクリルで描画です
大人のためのクラスから・制作いろいろ
エアブラシ吹き重ねて描いた、冴え冴えとした夜空の深い色合いが印象的です

あともう少しで完成からも2点

木漏れ日の中のベンチ、、水干絵の具と顔彩を使って描いています
大人のためのクラスから・制作いろいろ
巧みに奥行きを感じさせる構図です、緑の階調幅も豊かです

お猿さんです、、雲肌麻紙に岩絵の具、日本画技法で描いています
大人のためのクラスから・制作いろいろ
背景の群青と胡粉で描き起こした毛並みがちょうど良くリンク、引き立て合ってます

絵の具の可能性を探る画材研究課題、、色遊び、マチエール研究です
大人のためのクラスから・制作いろいろ
画肌と色彩が絡みあいすでに美しいと思います

この頃はデッサンを描かれている方が増えて来ましたのでそちらからも数点

コカコーラの瓶、特徴的なそのカタチを探っているところ
大人のためのクラスから・制作いろいろ

細密描写としてのサザエです、基礎デッサンの一環として描きます
大人のためのクラスから・制作いろいろ

大人のためのクラスから・制作いろいろ
詰めて描くことによって鉛筆の表現幅を体感することができます

基礎の彩色デッサンです、塗り重ねていくとモノの存在感が出て来ました
大人のためのクラスから・制作いろいろ

羅漢果の素描、次回彩色の下描きなのですが経験者のバランス感を見てとれます
大人のためのクラスから・制作いろいろ

静物デッサン、短い時間で適所に手が入ったまとめ方、こちらも経験者の眼を感じます
大人のためのクラスから・制作いろいろ


大人のためのクラスはジェネレーションの幅を超え描き好きが集まった美術倶楽部の様相
アトリエはいつも美術系らしい自由な空気感、、、みなさん楽しげです (^^ )

中高生のためのクラスから・ねり消し工作 

今回は中高生のためのクラスから、工作の課題です

絵を描きながら、、ふと消し具の練りゴムをいじり出してみると面白くなっちゃった、、
そんな経験をお持ちの方もいらっしゃる事かと

今回は練り消しゴム一個を使って好きに遊んで下さい、、ということですが

せっかくなのでそれぞれの風景を創って
各自のケータイやスマホで「映える写真」を撮る、、、ここまでで完成としました

へにょっとペーソス感なスヌーピ〜〜
ねりけし工作

爽やか、、ロゴ入れてポスター
ねりけし工作

しんちゃん
ねりけし工作

ユルいんですが、、これこそがねりけし工作の神髄かもしれん
ねりけし工作

サックス
ねりけし工作

ゲームキャラが持つ武器
ねりけし工作

戦車
ねりけし工作

ジャニーズのお気に入りメンバー、その部分、、鼻
ねりけし工作

形而上学的な何か、、、
ねりけし工作

季節はずれのハロウィンセットでミスド
ねりけし工作

カフェ〜
ねりけし工作

一発芸的お楽しみ課題
全体にクレイアート的なぬくもり感や味わいが出ていますね

今はやる気さえあればスマホ1つでクレイアニメだって、アートムービーだって
誰でも撮れちゃう時代
スマホのアートツール化は使い手のアイディアとセンス次第、、楽しんでください


五美大展へ行ってきました 

五美大展

国立新美術館まで五美大展を見にいってきました

「五美大展」とは
武蔵野美術大学、多摩美術大学、女子美術大学、東京造形大学、日本大学芸術学部
5つの大学美大生による卒業・修了制作展ですね

五美大展

熱量多く勢いのあるアートが並びます

この頃はSNSで展示画像を流して各所に広まってる、てなこともありますね

五美大展

お気に入り作をスマホに取り込みつつ展示をまわってる方が多かったです

五美大展

美術がカジュアルに個人の感性でもって伝播していくのはイイですね、楽しいですね

広い会場に大きな作品がひたすらずらっと

五美大展

アトリエの卒業生 現在講師の岡本珠実・女子美版画科大学院の版画作品
五美大展

同じくアトリエ卒業生 現在講師の佐々木綾子・武蔵美日本画科大学院の日本画作品
五美大展

作品前で武蔵美日本画にて教鞭をとる松谷画伯と偶然会いまして、、記念にパシャっと
五美大展
あやっち包囲網 (^^ )

この時間イイですね、、黒川紀章が設計した最後の美術館なのだそうです
五美大展

五美大展
膨大多種の作品群からリアル今の美術(アート)が感じられる展示でした

展覧会は開催中です、会期は〜3月3日(日)まで

展覧会のお知らせ・東京五美術大学連合 卒業終了制作展 

五美大展DM

展覧会のお知らせです

通称「五美大展」と呼ばれる展覧会は
武蔵野美術大学、多摩美術大学、女子美術大学、東京造形大学、日本大学芸術学部
5つの美術大学が集合し開催する卒業・修了制作展となります

青山アトリエからは以前に在籍し絵と遊び、現在は講師として指導に入っています
佐々木綾子(武蔵美日本画科大学院)岡本珠実(女子美版画科大学院)両名が出品です

展覧会は開催中、会期は〜3月3日(日)まで
会場は国立新美術館

お近くにお越しの際はどうかご覧下さい

子供のためのクラスから・よく観て描こう 

今回は子供のためのクラスから、、お題は「よく観て描こう」です

描く対象(モチーフ)は「貝がら」いろいろ
子供クラスの貝の絵

ながいこと貝がら集めをしているYセンセのコレクションですので
子供クラスの貝の絵
各地の貝殻、種類もいろいろです

描きたい貝を決めたならあとは「よ〜く観て描くべし」
子供クラスの貝の絵

1回の描き切り、デッサンは鉛筆で彩色は自由に好きな画材を使います

ではでは、完成作いくつかをごらんください

子供クラスの貝の絵

子供クラスの貝の絵

よ〜く観る、、「見る」じゃなくって「観る」と書く、ここポイントです

子供クラスの貝の絵

子供クラスの貝の絵

ササッと見るんじゃなくて、じっくり観て観察して理解したり納得したり

子供クラスの貝の絵

子供クラスの貝の絵

自分なりの「発見」をすることが大切で
これはきっととても楽しいことなのだと思います

子供クラスの貝の絵

子供クラスの貝の絵

太古の昔から絵を描く人はずっと「よ〜くモノを観て来た」わけなのですが
現代になってもこんなシンプルで大切なことはなんにも変わりません

これからも気になるモノがあったらまずはよく観てみる
出来たらじっくりと描いてもみて下さいね

大人のためのクラスから・この頃の制作いろいろ 

今回は大人のためのクラスから、この頃の制作いろいろになります
年明けから展覧会紹介記事が続いていました、、通常の制作紹介は久しぶりです

ということでちょっと枚数多めですが、いってみましょう

完成作です、きいろい月夜に猛禽のチョウゲンボウの幼鳥を描きました
大人のためのクラスから
日本画技法で下地は銀箔張り、箔効果もあって内光りする様な色彩となりました

完成作です、木漏れ日の中にハト、星座も配した画面構成としました
大人のためのクラスから
凝った下地にアクリル彩色、描きすぎずとも感じてもらえる画面になったと思います

もう少しで完成、オーストリア旅行の印象です
大人のためのクラスから
幾重に重ねた筆が色彩のひびきとなって表れています

こちらもあとひと筆、天の川を眺めるフクロウです
大人のためのクラスから
いい世界ですよね、完成が楽しみです

こちらは描き中のハワイの印象
大人のためのクラスから
ここから画面構成が進む予定です

色下地を続けて画面具合を探っている最中です
大人のためのクラスから

寒川神社を描き中、パースが難儀な絵柄です、慎重に確認しながら進めます
大人のためのクラスから

次作の下図作りです、立石海岸です
大人のためのクラスから

わんちゃんです、デッサンがイイ感じになって、彩色するかを思案中
大人のためのクラスから

クロッキーを描いている方もいます
大人のためのクラスから

基礎デッサンのプログラムです

生きてるものとして「手」をモチーフに描き中です
大人のためのクラスから

大人のためのクラスから

硬いモノの表現体験として「金属」を描きます
大人のためのクラスから

少し複雑なモチーフのデッサンです

完成まであと少し、石膏像入り静物デッサン、大きな印象を良く捉えています
大人のためのクラスから

紫陽花のドライをデッサン、描写に魅力を感じます、完成まであとわずかです
大人のためのクラスから

個別課題で進めていますので、いろいろなタイプの絵が並びました
大人が集う美術倶楽部、内容は濃いと思います

展覧会のお知らせ・第1回イソカツ美術展開催中です 

杉田劇場ギャラリーまで展覧会の作品展示に行って来ました

イソカツ美術展

青山アトリエからは中高生クラス作品が参加しています「第1回イソカツ美術展」です

イソカツ美術展

横浜南部地域近隣高校等数校から沢山の作品を集めたコラボレーション展示となります

イソカツ美術展

展示作業当日はお手伝いの大学生たちに動いてもらいつつ展示構成を監修して来ました

イソカツ美術展

作風技法も幅広く展示作品点数も充実して、いい展覧会になりそうですね

イソカツ美術展

青山アトリエからは旧作参加が多かったですが新作もチラホラありまして
そんな中からいく枚かお見せしておきましょう

「催眠術」
イソカツ美術展

「ハウルの動く城・模写」
イソカツ美術展

「点翠」
イソカツ美術展

展覧会は開催中でございます
お近くにお越しの際はどうぞお立ち寄りください

「第1回イソカツ美術展」
会場 杉田劇場ギャラリー
会期 2月5日(火)〜2月8日(金)15時 〜19時 
   2月9日(土) 10時〜16時(15時半〜ワークショップがあります)

WEB 杉田劇場ギャラリーサイトへ

中高生のためのクラスから・イソカツ美術展 

イソカツ美術展

展覧会のお知らせです
「第1回イソカツ美術展」

展示会場は杉田劇場ギャラリーです

こちらの展示に青山アトリエから中高生クラスの作品たちが参加します
アトリエからは20点弱ほどの展示かと思います。

お近くにお越しの際はどうぞお立ち寄り下さい