5月のアトリエ休講のお知らせ  

5月のアトリエを休講といたします

青山アトリエでは新型肺炎コロナウィルスによる影響のため
「大人のためのクラス 中高生のためのクラス 子供のためのクラス」
すべてのクラスを引き続き休講とします

これで新型肺炎感染拡大の影響によって3ヶ月続けてのお休みとなりましたが
アトリエが広いジェネレーションの多くの方々が会する場ということを考えると
少なくとも自粛解除がされなければ再開は出来ないものと思っています

どうぞご理解のほどをよろしくお願いいたします

6月のアトリエから再開予定としてしています
(生徒の皆様には追って6月のスケジュールをお知らせいたします)

子供のためのクラスから・空飛ぶ折り鶴2 

久しぶりの更新です、、今回は子供のためのクラスから

お題は「空飛ぶ折り鶴」 続きもの記事の2回目となります

子供のためのクラスから・空飛ぶ折り鶴2

各自折り鶴を折って、その鶴をモチーフとしてスケッチブックに描き写す
と、前回はそこまででした

今回は鳥の子和紙の色紙を用いて、下地としての墨流しをほどこします

いつものように作業の流れと技法の説明をよ〜く聞いたら
子供のためのクラスから・空飛ぶ折り鶴2

臆することなく色紙めがけて墨をベチャッ
子供のためのクラスから・空飛ぶ折り鶴2

たら〜りグルルン
子供のためのクラスから・空飛ぶ折り鶴2

墨を色紙に打ち付けて画面を揺らしたり傾けたりで墨流し
子供のためのクラスから・空飛ぶ折り鶴2

ある程度自然乾燥させたらドライヤーでしっかり乾かして
子供のためのクラスから・空飛ぶ折り鶴2

2回目、3回目、、、幾重にも墨を掛けていきましょう
子供のためのクラスから・空飛ぶ折り鶴2

きめ細かな鳥の子和紙の肌合いに墨が広がり滲みしみ込み、味わいが見えてきます
濃墨薄墨でも表情が変わります、使い分けてみましょう

微細な粒子の墨にこれまた微細な粒子顔料である胡粉を溶き
子供のためのクラスから・空飛ぶ折り鶴2
同様に流した合わせ技も用います

墨と胡粉で下地が出来たら、前回描いた折り鶴のスケッチを取り出して
空飛ぶ折り鶴

色紙に転写し、墨で慎重に線入れをします
子供のためのクラスから・空飛ぶ折り鶴2

こんな感じや
子供のためのクラスから・空飛ぶ折り鶴2

こんな感じです
子供のためのクラスから・空飛ぶ折り鶴2

次は色入れですね、、水干絵の具を溶きのばした絵皿が並びます
子供のためのクラスから・空飛ぶ折り鶴2

と、今回はここまで、、次回その3に続きます

ところで
青山アトリエは3月4月と現在2ヶ月の休講中となっています
この先新型肺炎が治まってまたいつも通りの制作が出来ることを願っています

とはいえ
絵やもの作り、家に居ながらかな〜りはまって遊べるものです
よければ家で描き楽しんでいただきまして
アトリエ再開の折にはこんなの描けた〜、とぜひ見せて下さいね (^^ )

4月のアトリエ休講のお知らせ  

4月のアトリエを休講といたします

青山アトリエでは新型肺炎コロナウィルスによる影響のため
「大人のためのクラス 中高生のためのクラス 子供のためのクラス」
すべてのクラスを休講といたします

幅広いジェネレーションの多くの方々が一堂に会する場ということを考えて
3月に引き続き4月も休講と決めました

5月のアトリエから再開予定としてしています
(生徒の皆様には追って5月のスケジュールをお知らせいたします)

それでは
どうぞご理解のほどをよろしくお願いいたします

大人のためのクラスから・この頃の制作いろいろ 

今回は大人のためのクラスから、この頃の制作いろいろです

ではでは、完成作から

作者継続中のサムホールサイズ猿島シリーズ
大人のためのクラスから・制作いろいろ
今作は冬に雪降る猿島です

作者2枚目となる自由作画は南方の海を俯瞰したイメージ
大人のためのクラスから・制作いろいろ
パネル張り画用紙に水晶末等で下地マチエール施しアクリルと顔彩にて彩色です

基礎静物デッサンの完成作、固有色の表現や質の描き分けまで迫ることが出来ました
大人のためのクラスから・制作いろいろ

以下制作中の作品です

ゴッホの跳ね橋模写です、遠景から徐々に描き上がって来ました
大人のためのクラスから・制作いろいろ

黒ミューズコットン紙にパステルを使った習作です
大人のためのクラスから・制作いろいろ

鉛筆でのカタチ取りが終わって彩色に入ってきました
大人のためのクラスから・制作いろいろ

アトリエ定番の色あそび課題に取り組んでいる方々もいます
大人のためのクラスから・制作いろいろ

いろいろな彩色画材を使っていろんな道具や方法を用いて画用紙に何度も色を塗りかけます
出来たらもりもり遊ぶ気持ちで無作為にやっちゃいましょう

大人のためのクラスから・制作いろいろ
大人のためのクラスから・制作いろいろ
大人のためのクラスから・制作いろいろ
大人のためのクラスから・制作いろいろ

絵の具に慣れてその可能性を体験してみよう! というのが色遊び課題の趣旨ですが
作業を続けると、いつの間にか画面がカッコよくなってる事もたびたびあって楽しいのです

はい!そしてえのちゃんです
大人のためのクラスから・制作いろいろ
アトリエ卒制というべき作品が仕上がりました

大人のためのクラスから・制作いろいろ

えのちゃんは美術が好きで熱心な学生さんとして入会してメキメキ腕を上げていたので
生徒での制作を継続しつつも子供クラスの先生として参加してもらっていたのでした

そんなえのちゃんもこの春で大学を終えてアトリエも卒業となりました

大人のためのクラスから・制作いろいろ

これまでいろいろとありがとうございました
これからもお互いに楽しくやっていきましょう!

3月のアトリエ休講のお知らせ 

3月のアトリエは休講といたします

青山アトリエでは新型肺炎コロナウィルスによる影響のため
「大人のためのクラス 中高生のためのクラス 子供のためのクラス」
すべてのクラスを休講とさせていただきます

アトリエが皆さまの制作楽しみの場ということを思い苦慮いたしましたが
幅広いジェネレーションの多くの方々が一堂に会する場ということを鑑みて
3月は休講と決めました

4月のアトリエから再開予定としてしています
(生徒の皆様には追って4月のスケジュールをお知らせいたします)

それでは
どうかご理解のほどをよろしくお願いいたします


中高生のためのクラスから・手のデッサン 

少し更新空いてしまいました、、、
なにがあったわけでもなく、いつものサボりなのです、、<(_ _)>

さて今回は中高生のためのクラスから
お題は美術系定番で「手のデッサン」です

はじめに中学生たちの作品から

よく観て、丁寧に克明(指紋もあるよ)に捉えています
中高生のためのクラスから 手のデッサン

柔らかな色合い(階調)のデッサンです
中高生のためのクラスから 手のデッサン

描き詰めて肌らしい質感に迫りました
中高生のためのクラスから 手のデッサン

修正を繰り返した線には実感が残るのです
中高生のためのクラスから 手のデッサン

お次は高校生たちです
高校生たちには紺色のリボン紐をそれぞれに渡して自由に画面構成すべしの
「手と紐の構成デッサン」としました

選んだシルエットのカタチに切れ味を感じます
中高生のためのクラスから 手のデッサン

紐の構成に緩急を付けて狙いのあるデッサン
中高生のためのクラスから 手のデッサン

一見簡素、実はおおらかかつ柔らかなイイ線なのです
中高生のためのクラスから 手のデッサン

完成度高く袖の隅までしっかりと仕上げました
中高生のためのクラスから 手のデッサン

画面構成に主眼を置いて、グラデーションの幅を意識した作画です
中高生のためのクラスから 手のデッサン

表面へのこだわりと完成度、絵ならではのリアル感
中高生のためのクラスから 手のデッサン

ハーフトーンを丁寧に拾って自然な佇まいが出せました
中高生のためのクラスから 手のデッサン

内側からの張りを感じさせるいいデッサンです
中高生のためのクラスから 手のデッサン

中高生クラスは子供のためのクラスから、しかも小学校低学年から続けてる子たちも多くて
アトリエ在籍10年以上となるベテランさんもぼちぼちと多くなります

そんな彼らと接するにつけ「みんなそれぞれ上手くなったよなぁ〜」と共に
「あれからみんな元気に大きくなったよなぁ〜」と
ワタシタチは叔父叔母気分よろしく目を細めることになるわけです・(^^ )


子供のためのクラスから・空飛ぶ折り鶴 

今回は子供のためのクラスから

お題は「空飛ぶ折り鶴」
完成までにはちょっと専門的な工程も入って、楽しい作業になりそうですよ

さて、はじめに折り紙を使って「鶴」を折っていきましょう
空飛ぶ折り鶴

余談ですが
空飛ぶ折り鶴

いままでに折り鶴を折ったことが無い
この世代ではそっちの方が多くなってるんですね〜

時代と共に色々と変わってくるもんです
あやとりや駒やメンコや凧揚げなんかはどうなってるんでしょうね〜

さてさて次に、折りあげた鶴をよく見ながらスケッチします
空飛ぶ折り鶴

空飛ぶ折り鶴

描きおえたスケッチをいくつか見てみると

空飛ぶ折り鶴

空飛ぶ折り鶴

空飛ぶ折り鶴

こんな感じだったり

空飛ぶ折り鶴

空飛ぶ折り鶴

こんな感じだったり

空飛ぶ折り鶴

空飛ぶ折り鶴

イイですね
さっそくそれぞれの個性が出て来てますよー

描いた鶴はのちのちの工程で使うので再登場するのですが
次の作業はこちら
空飛ぶ折り鶴

鳥の子和紙の色紙に「墨流し」です

ということで、、次回へ続きます

大人のためのクラスから・この頃の制作いろいろ 

今回は大人のためのクラスから、この頃の制作いろいろをお見せしていきます

はじめに自由制作からの完成作

画面に厚みや抵抗感を感じます、重ねた色もイイですね
大人のためのクラスから・制作いろいろ

富良野の空、雪に光に風紋。大地の広がりを表現できました
大人のためのクラスから・制作いろいろ

水干絵の具 岩絵の具研究としての一作目です
大人のためのクラスから・制作いろいろ

次に制作中の作品

シリーズ化して進めている「猿島」、、夏バージョン
大人のためのクラスから・制作いろいろ

南方の海を空高くから俯瞰した、、鳥瞰図です
大人のためのクラスから・制作いろいろ

寒川神社、ピシッとパースを押さえています、、これはムズカシイ事なんです
大人のためのクラスから・制作いろいろ

ゴッホの跳ね橋、バランスを見ながら模写を進めています
大人のためのクラスから・制作いろいろ

形どりを終え彩色始め、これからイメージの中の世界観をつくっていきます
大人のためのクラスから・制作いろいろ

次に自由課題以外の制作いろいろです

パンをモチーフにイラストの研究中です
大人のためのクラスから・制作いろいろ
大人のためのクラスから・制作いろいろ
「わぁ〜!おいしそー」となることを目標に枚数を重ねてます

基礎を含んだ鉛筆デッサンです
大人のためのクラスから・制作いろいろ

基礎描写としての水彩絵の具を使った彩色画です
大人のためのクラスから・制作いろいろ
大人のためのクラスから・制作いろいろ
大人のためのクラスから・制作いろいろ
↑御三方はコツコツ続けた一連の基礎描写を一旦終えて、自由制作に入っていきます

年が変わってもそれぞれの制作に変わりはありません、、じっくり進めていくのみです

全クラスいっしょにお花を描こう 

恒例の初描きです
毎年庭咲の水仙と色々なお花をモチーフにして描いています

20.1.24初描き1

子供クラス、中高生クラス、大人クラスと全科いっしょの課題は年一回です
初描きとして「よく観る、対象を観察する」というところから始めたい、そんな思いです

20.1.24初描き1

作為が有る無しに関わらず、よく見て描いた絵には必ず個性が見えてきます
それこそ全ての創作の源になるもの、そう思っています

20.1.24初描き1

ということで一日描き切り、画材等はいつも通りに自由
当日参加の小学生から大人まで、順不同にてすべてお見せしたいと思います

ずらっと一気にいっちゃいます!

20.1.24初描き
20.1.24初描き
20.1.24初描き
20.1.24初描き
20.1.24初描き

とてもいい感じです!
よく見るとそれぞれすべてにイイところが備わってます

それではみなさん、今年もこの調子で楽しんで描いていきましょう!

展覧会のお知らせ・堀文子教室同窓展 

堀クラス同窓展

「堀文子教室同窓展」 

「第14回・多摩美術大学日本画科・堀文子教室同窓展」
会期は1月12日(日)から1月18日(土)まで
会場は「柴田悦子画廊」東京都中央区銀座1-5-1第3太陽ビル2F

美術大学在学中、堀文子先生に作品の指導をいただいた面々
そんな世代を超えた作家が集う展覧会となります
それぞれごくごく小品、1点ずつの展示です

堀クラス同窓展

青山浩之が出品しています
お近くにお越しの際はどうかご覧下さい

柴田悦子画廊Web  http://shibataetsuko.com/wp/

年が明けて 

年賀状

今年もどうぞよろしくお願いいたします

子供のためのクラスから・夢のお弁当作りpart3 

今回は子供のためのクラスからの工作、、「夢のお弁当作り」パート3

子供クラス 夢のお弁当作り

みんなが大好きだったり楽しくなっちゃうお弁当を好きにイメージして
紙粘土で作っちゃおう!! という課題

その完成編となります

それではできるだけ沢山、、ずらっといってみましょう!
19.12.30夢のお弁当作りの完成

それぞれに工夫のあとが見られますね〜
味わい造形な楽しいお弁当がいっぱい仕上がりました

19.12.30夢のお弁当作りの完成

見る人に「あっ」とか「ええっ〜」とか驚いたりしてもらうのも芸のうち
フェイク上等!美術芸術の得意分野ですから 

19.12.30夢のお弁当作りの完成


同じ課題やお題は同じ生徒がいるうちは出さない、、がポリシーの
課題発案Yセンセですが、調べてみると9年前に同じお題でおべんと作ってましたよ〜

こちらこちらこちら・ ←よかったらご覧ください〜

その頃の生徒さんもいまは大学生や受験生ですかね〜、、嗚呼、時は流れて行くのですね

ということで今年のアトリエブログもこれでおしまいです
それではまたまた、また来年、、みなさまよいお年を〜!

子供のためのクラスから・夢のお弁当作りpart2 

今回は子供のためのクラスからの工作、、「夢のお弁当作り」パート2

子供クラス 夢のお弁当作り

みんなが大好きだったり楽しくなっちゃうお弁当を好きにイメージして
紙粘土で作っちゃおう!! という課題です

その制作工程、前々記事の続きとなります

お弁当の設計図をよく見ながら紙粘土で具材を成形していきましょう
子供クラス 夢のお弁当作り

成形を終えた具材はそれぞれ並べて乾燥を待ちます
子供クラス 夢のお弁当作り

さて、これからいよいよペイント
子供クラス 夢のお弁当作り

また設計図を持ちだして、、食材やおかずをよ〜く思い起こしつつ
子供クラス 夢のお弁当作り

それぞれをソックリ美味しそうにペイントしていきます
子供クラス 夢のお弁当作り

なんてったって日本は世界に冠たる食品サンプル大国〜ですからね (^_^)
子供クラス 夢のお弁当作り

いいですね、、カリッと美味しそう!
子供クラス 夢のお弁当作り

フルーツです
子供クラス 夢のお弁当作り

小物を使ったセットもアイディア次第
子供クラス 夢のお弁当作り

目玉焼きトーストです
子供クラス 夢のお弁当作り

肉団子〜
子供クラス 夢のお弁当作り

というわけで、夢のお弁当の具材が仕上がりました

のこる工程はお弁と箱に詰め詰めです、、の完成編は次回パート3へと続きます

中高生のためのクラス・ 秋の拾いものスケッチ 

今回は中高生のためのクラスから
「秋の拾いものをスケッチ」しましたの回となります

自然観察を繰り返し、感性磨いて自分独自のオリジナリティーを得る
芸術分野では古今東西ずっと行われているベーシックなのですね

中高生 秋の拾い物スケッチ

制作はまずアトリエから出て付近の散歩から始めます
地面に目を凝らし何か面白いものはないかなぁ〜、とモチーフ探し

自分のアンテナに引っかかる何ものかを見つけてみる、、ここが肝要ですね

中高生 秋の拾い物スケッチ

いくつか拾いものをして来たらとりあえずアングルを決めて描いてみましょう
アトリエではデッサンと彩色の2枚、それぞれ一回描き切りでやってみます

画面にいくつか配置すると博物誌的
中高生 秋の拾い物スケッチ

鳥の羽根に興味が向きました
中高生 秋の拾い物スケッチ

折れたアロエにどんぐりです
中高生 秋の拾い物スケッチ

それぞれ彩色もいってみます
いつも通り水彩でも色鉛筆その他でも、、画材は自由です

中高生 秋の拾い物スケッチ

中高生 秋の拾い物スケッチ

中高生 秋の拾い物スケッチ

色付いた葉っぱが並びます

中高生 秋の拾い物スケッチ

中高生 秋の拾い物スケッチ

秋に葉っぱが色付くなんて当たり前、そう言ってしまえばそうなのですが
つくづく観て見れば鮮烈な色味配色であることに気が付く事もあるのかと

中高生 秋の拾い物スケッチ

中高生 秋の拾い物スケッチ

普段見慣れて当たりまえ〜と思ってしまっていると、発見はありませんよ

なんでもないように見えても、ちょっと待てよ!と一歩踏み込んで観てみると
こりゃ凄いよなぁ〜、が見つかったりするもの

中高生 秋の拾い物スケッチ

中高生 秋の拾い物スケッチ

日常慣れることなく自分目線の面白探しを続けてみましょう〜
自分ならではの眼や観点が育っていくこと請合いです

子供のためのクラスから・夢のお弁当作りpart1 

今回は子供のためのクラスからの工作
お題は「夢のお弁当作り」です

みんなが大好きだったり楽しくなっちゃうお弁当を好きにイメージして

それを紙粘土で作っちゃおう!! という課題です

どんな創作もイメージから入るわけですからまずはお弁当の設計図作りですね
子供のためのクラスから お弁当

子供のためのクラスから お弁当

いいですね〜!美味しそうです

子供のためのクラスから お弁当

子供のためのクラスから お弁当

子供のためのクラスから お弁当

色付きだと余計イメージがわかりやすいですね

子供のためのクラスから お弁当

子供のためのクラスから お弁当

子供のためのクラスから お弁当

「夢のお弁当」です、、好きなものを精一杯わがままに詰め込んじゃって下さい

次の行程はできた設計図を見ながら紙粘土を使って具材をこしらえていくんです
子供のためのクラスから お弁当

工作は工夫が肝心、、いろんな手を使って本物そっくりに成型していきましょう〜

子供のためのクラスから お弁当

いいですね〜、、ナイスな米粒です
子供のためのクラスから お弁当

ということで「夢のお弁当作り」はpart2へと続きます

日本は世界でも特異な食品サンプル大国ですからね〜
仕上がりが楽しみです (^_^)