日本代表終戦・でもお楽しみはこれからよ 

日本代表終戦1
W杯・悔しそうな日本代表(時事通信)6/30 2:36から画像引用

2010年W杯、日本代表終戦しました。
いやいや血がたぎり熱くなりました、これぞ祭りです、頑張った選手達に感謝です。
決勝トーナメントの試合としては完全に凡戦。
されど内容のある記憶に残るとても濃い凡戦でした。

対戦したパラグアイはW杯1930年初回大会から出場する南米の古豪。
それが80年後、8度目のW杯挑戦でついに悲願のベスト8を勝ち取りました。
日本サッカー界もそんな歴史から見たらまだまだヒヨッコなのです。

W杯前の日本サッカーに対する国内の盛り下がりようったらありませんでした。
それがあっという間にこの盛り上がりなのです。
フタを開けてみたら予想をはるかに上回ったその結果に日本は躁状態。

日本代表終戦2
渋谷騒然「ニッポン」コール(スポニチアネックス)6/30 13:01から引用

当初の盛り下がりぶりに多くの人が当然のように予想していた
グループリーグ3戦全敗即終了だったなら
日本サッカー界はまたあの忌まわしい長く沈んだ暗黒時代に突入だな・・・と
思っていただけに、今回の選手達の頑張りは日本のサッカー界を救ったとも言えそうです。
(暗黒時代・1968年メキシコ五輪銅メダル以降~1993年Jリーグ発足まで)

しかし大切なのはこれから。
すでにマスコミはなんの根拠か岡田監督を「名将」呼ばわりしていますし
新聞、テレビと「よくやった、感動をありがとう」一色ただただ連呼・・・
日本サッカー協会もすべて上手くいったようなご満悦加減です。

長年サッカー協会の無能ぶりをずっと見てきたワタシは心配なのです・・・
マスコミのお調子者ぶり、その場かぎりのイイカゲンぶりが心配なのです・・・

良かった事ばかりに流されて問題点が多々あった事など忘れ去られそうです。
いまこそ兜の緒を締めて、今後の日本サッカーの展開について
反省と検討の上、まっとうに進めていただきたい。そう強く思います。

とはいえW杯はこれからが佳境、強豪国達の一発勝負が始まります。
スペインにブラジル、アルゼンチンにオランダ、ドイツと凄い顔ぶれです。
4年に一度の我が家でも最大のお祭りW杯、まだまだ終わりません。

今日と明日はやっと試合がお休み、久しぶりの心穏やかな時間です
展覧会の作品引き渡し期限も迫っています、さあ心して筆を持ちましょう・笑

[ 2010/06/30 ] 日常 | コメント(0)