子供のためのクラスから・「キャンバス布で色遊び!」 

今回は子供のためのクラスから

お題は「キャンバス布で色遊びしよう!」
1回3時間のアトリエにて即日描き切りの課題になります

まず、おもむろにキャンバス布をジョキジョキします
子供のためのクラスから

今回のポイントは
絵ってそもそも何で四角いの?四角くなくってもいいんじゃないの?、、ということ

絵のカタチに決まりはないですからね、、好きでいいんです
子供のためのクラスから

もひとつポイントというと
油彩用の麻キャンバスを素材として味わってみよう、、ということ

おもわず指で描いちゃう、、それも当然の成りゆきかも〜
子供のためのクラスから

ということで1日描きの一発芸、、仕上がりをいくつかお見せしましょう

キャンバス画を描き終えたら画面に麻ひもを通して
子供のためのクラスから
子供のためのクラスから
子供のためのクラスから
どこでもすぐに掛けて楽しめるよう仕立てました

あえて変形に切らずに四角い画面のまま、というのもアリと思います
子供のためのクラスから
子供のためのクラスから
その場合絵の具や画面の物質感が際立つ効果があるようにも思います

今回は油彩用の麻キャンバスに水彩絵の具や色鉛筆、クレヨンを使いましたが
子供のためのクラスから
子供のためのクラスから
やってみると味も出て相性は良かったですね

ちょっと画鋲で壁に飾ったり、ドアノブに引っかけてみても良さそうだし
子供のためのクラスから
子供のためのクラスから
アイディア次第ですね、、ぜひおうちを飾って楽しんでほしいと思います

こうやって見てくると絵が四角じゃなきゃいけないって事も無さそうです
子供のためのクラスから
子供のためのクラスから

今回は麻を編んだキャンバスに描きましたが
木材に描いても金属に描いても石ころや葉っぱに描いても、、なんだって良さそうです

そのむかし加山又造がBMWの依頼を受けて車に琳派描いて評判呼んでましたもの
絵の世界ではなんだってアリですね