大人のためのクラスから・展覧会へ向けて鋭意制作中 

今回は大人のためのクラスからです

来月20日が初日「青山アトリエの展覧会」まで1ヶ月と少しとなってまいりました
みなさんの出品作制作もそれぞれ佳境、、じりじり盛り上がって来ています

そんなこの頃のアトリエの様子を一部お伝えしたく思います

ほぼ完成です、、後は額を着せたのち少々の調整といったところでしょう
大人のためのクラスから
10年前に同じワンちゃんを描いた一枚も今回並べて展示してみるかもしれません

ろうそくの灯った古いランタンが印象的
大人のためのクラスから
深い色味からすでに雰囲気が出ています

水辺の景色、、こちらも完成が近いです
大人のためのクラスから
この先描きこみつつも、説明をし過ぎないがポイントです

湿原風景、、岩絵の具を使った日本画技法で進めています
大人のためのクラスから
草原の色味と広がりが出るように何度も絵の具を重ねていきましょう

女性像です、、描線を活かした表現方法
大人のためのクラスから
描線に墨と水彩の滲みが絡みます

岩絵の具で進めた夜の情景、、広く間を取った構図が印象的です
大人のためのクラスから
深い藍色の地色に景色が浮かび上がります

裸婦像、、スティーブ・ハンクスの模写になります
大人のためのクラスから
ハンクスはスーパーリアリズムの画家、この先どこまで迫れるかですね

草を食む鹿 、、 透明水彩にて柔らかく描いています
大人のためのクラスから
完成は遠くありません、大らかかつたっぷりと筆を進めてください

台湾夜市の印象
大人のためのクラスから
旅で見たあの雑多な雰囲気を画面に定着させます

下地塗りを重ねて張りのある色面が出現
大人のためのクラスから
ディーベンコーンを思わせるような構成的な色面分割です

横浜の洋館を水彩絵の具使用で進行中
大人のためのクラスから
濁りない色でバランスよく進められています

子供たちをメインに据えた画面構成です
大人のためのクラスから
はじめての自由制作になりますが、コクのある色調です

自宅の窓から見た景色、ある日の印象
大人のためのクラスから
こちらも今作がアトリエではじめての自由制作となります

横浜みなとみらいをモチーフとした景色
大人のためのクラスから
緻密なデッサンを終えて、これから彩色に入っていきます

サザエのデッサン、、鉛筆デッサンでの展示予定
大人のためのクラスから
ここまで来たらあとはおいしい作業です、ぜひ描き詰めてください

「青山アトリエの展覧会」
会期は6月20日(水)から6月26日(火)まで
会場は新杉田駅直近の杉田劇場ギャラリーとなります

アトリエでの通常は各々それぞれのペースで制作して
締め切りというものはありませんが
展覧会までの滅多にない制作締め切り、あとひと月ぜひ楽しんでください (^_^)