ニューイヤー・ヨコスカベイ 

ニューイヤー・ヨコスカベイ

軍事用の船、俗にいう戦艦にきらめくイルミネーション。
これぞヨコスカ!といった象徴的な景色。
「よこすかカウントダウン2009」と銘うたれたニューイヤーフェスティバルでの写真。

ワタシタチの大晦日は、せっせと働き大掃除を終えたら、コタツでぬくぬくお鍋をつつき
紅白歌合戦を観つつ、といったインドアモードが定番になっていたのですが
今回はめずらしく外へ出て横須賀本港にあるヴェルニー公園まで出かけてみました。
いつものスクーターに二人またがり走れば、家からものの10分くらいで到着です。

横須賀本港は地図で見るとよくわかりますが、ぐるりと米軍基地に囲まれています。
ヴェルニー公園はその港、ほんの一画にある細長い公園、JR横須賀駅裏手にあたります。
JR横須賀駅といえばこの駅横須賀の繁華街から離れて、何でまたここに?
といった場所にあるんですね。横須賀線は旧日本海軍の軍港都市横須賀への物資輸送を
目的としてできた路線であって、JR横須賀駅やJR田浦駅などはそのターミナルでした。
敗戦後は戦勝国である米海軍の横須賀基地物流の拠点として長く使われてきました。
ですので民間利用というよりは色濃く軍用の駅といったキャラクターだったようです。

戦後のドサドサな横須賀はカンヌ受賞監督、若き今村昌平描く「豚と軍艦」という
映画作品でエネルギッシュに生き生きと描かれています。リアルな横須賀です。

ニューイヤーヨコスカベイ2と、そんなこんなでヴェルニー公園へ到着すると思いのほかスゴイ人出です。大半が若者ですがそうでない方々もポツポツ、ワタシタチもそう浮いた感じはしません・笑

出店、屋台もたくさん出ていて行列を作っています。電飾ギラギラの神輿が鎮座し、特設ステージでは歌やダンスが披露されています。想像以上の盛り上がりです・笑

戦艦のイルミネーションをフムフムと眺めていると、辺りの若者から「あと3分だ!」「あと5分だよ」と聞こえてきます。

そろそろかと思っていると会場ではカウントダウンがはじまりました!
「5.4.3.2.1・・・・・」
「ブゥオォオオオ~~~」汽笛です。戦艦達が一斉に汽笛を鳴らします。
ああこれが家からでも聞こえてきた汽笛なのですね、なんて納得していると・・・
腹に響く音と共に花火が打ち上げられました。真冬の花火、新年の花火、いい感じです。
花火で最高の盛り上がりを見せたのち、たくさん集まった人々は散っていきました。

ワタシタチも寒いね、と言いつつ、すでに投げ売られている甘いクレープを頬張りながら
ふたたびスクーターで風を切り家路につきました・笑

関連記事
[ 2009/01/04 ] 日常 | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/103-e6b23f0b