伊豆旅・3 

富士山1

ワタシタチの骨休め伊豆小旅、続けてアップしてきましたが
今回の富士山ネタで終わりにいたしましょう。

山の好きずきは趣味志向、その好みはさまざまではありますが
ワタシは富士山、すごいお山だと思っています。
いつからか山を多く描くようになったこともあり各地山探訪をしておりますが
単独峰であり、八の字型の端正でたおやかな姿はやはり独特、印象に残ります。

富士山2

今回の小旅、そのねらいの1つは
今年まだじっくり見ることのなかった富士山をじっくり拝みたい、というもの。
横須賀の家を出発してすぐの早朝、そのプロジェクトさっそく始動です。
写真は三浦半島長者ヶにて。

実家を出て暮らし始めたその昔から
住み家だって旅なんだもんねっ、とばかり
テキトウに近場を点々と移り住んできたのですが
その住んだすべてのお家から、もしくはそのごく近辺には
ナイスなお気に入り富士山観望ポイントがありました。
いつだって富士山がごく身近にあったのです。

しかし現在のお家はとっても気に入っていながらも残念・・富士が望めません・・・
そうです、ワタシタチ富士饑餓状態なのでありマス。

富士山3

久しぶりの西湘バイパスを飛ばして、まずは箱根にある成川美術館へ向かいました。
美大時代の恩師である堀文子先生、中野嘉之先生の展示を見るためです。
成川美術館でのガラス越し展望ルームからの富士はとってもゴージャス。
赤い鳥居のアクセント、芦ノ湖越しの富士は絵はがき型富士展望ポイントの代表でしょう。

富士山4

西伊豆に入ると駿河湾越しに富士はいろいろな姿を見せてくれます。
写真は西伊豆筆頭の観光地堂ヶ島からさらに少し南下した雲見辺りからの富士。
西伊豆は夕日と寂れたローカル感がこたえられませんね。

そしてクライマックスは戸田や修善寺から程近いだるま山からの展望。
昭和14年(1939年)第二次世界大戦勃発の年
ニューヨーク万国博覧会にコニカ(現コニカミノルタ)の写真技師が
日本政府の依頼を受けてこの地からの大展望パノラマ写真
(縦8.2m、横32.7m)を展示しました。

ここの展望は富士を含んだ風景としてまぎれもなく第一級の眺めだと思います。
(下画像クリックにて大きくなった写真が見られます)
 ↓
富士山6

富士山、3776メーターの標高はもちろん日本一高い山となりますが
世界の高山から見るとさほどの標高でもありません。
しかしヒマラヤ、カラコルムで見た7000メーター超級の山々を
何度思い返し、記憶の中で比べてみても
富士山の持つ存在感はいっこうに霞むことなく、むしろ大きくなるようです。

作品ではごく小品で何点か描いているばかりの富士山。
今までに描き残された数々の富士作品、名作をかえりみると畏れ多いと思いつつも
いつかワタシも正面から立ち向かって描く時が来てほしい。
そんな願いもこもった富士であります。

ということでワタシタチの伊豆小旅
終わりはだるま山にて携帯イス並べての富士観望。
日が沈み、遠く沼津や三島の夜景が灯るまでずっと眺め続けました。
そして寒い寒い、こりゃ~タマランと車に戻ると
フタリともスッキリとした面持ちで帰路につきました・笑

(写真/E-520/E-300/SIGMA APO MACRO 150mm/ZD 70-300㎜/ZD 14-42mm)

関連記事
[ 2009/12/14 ] | コメント(2)

昔、ビル群なんてなかった時代、都内からも道を歩いているだけで、富士山が拝めたそうです、、、、羨ましいですね、そんな時代が。
登るのは大変、でも地上から眺めるとその美しさにうっとり、、、の富士山。絵になりますねぇ~。
[ 2009/12/15 11:56 ] [ 編集 ]

今年も無事富士山を拝みに行くことが出来ました。
すっきりしました、思い残すことなく来年を迎えられます・笑

綾さんの渡印、またもやクンブメーラにあたるとは運命?
久しぶりに綾さんサイトのクンブメーラ記事を読み返してみました。
ああ、心持って行かれますね~
文中出てくる太朗窯のTAROさん、石垣島の旅中に会いました。
島をめぐっていた途中、たまたま一軒の窯場を覗くと
すばらしいサドゥー達の写真がいくつも壁にありました!
「これはすごい、いい写真ですね」と主人に声をかけると
嬉しそうにクンブメーラの話をしてくださったのがTAROさん。

その窯場で譲っていただいたTARO作品お魚柄の2つの蕎麦猪口は
二人のお気に入りでいまだ活躍中です。
世界は狭いというか旅関係での出会いには不思議がありますね・笑
[ 2009/12/16 02:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/243-9429d500