屋久杉の作品 

作品 屋久杉

脱線記事が続いて久しぶりになりました青山アトリエ記事
今回は「大人のためのクラス」からの完成作品紹介です。

以前行かれた屋久島旅行を思い返しながら描かれた作品
うっそうとした森の中で見た屋久杉をモチーフとされました。

とても雰囲気のある作品です。
作者は重厚な木肌の質感をあらわしたいと納得いくまで
描いては押さえてを何度もくり返されていました。
見上げなおうっそうとした空気感、植物達の放つ湿度、木々の香り
大木の存在感など作者が現地でじっさいに感じられたことが
そのまま画面に込められているように思います。

技法的にはパネルに画用紙を張り込んで主に顔彩(水彩絵具)を
もちいて描かれたものです。
下地絵の具にこそざらつきのある水晶末や方解末など
日本画画材を使いましたが上塗り絵の具の方は水彩絵の具のみ。
それなのにどこか日本画画材である岩絵の具で描かれたような
含みのあるこなれた色合いに仕上がりました。

旅の思い出がたっぷり込められた作品
ぜひ飾って楽しんでくださいね。
関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/244-2f750ab8