春いとおかし 

新芽カシワバアジサイ

まだまだ寒かったり、妙に暖かかったり、嵐が続いたり
気まぐれな春の天気が続いています。

この季節の生きもの達には刻一刻と変化があってコタエラレマセン・笑
毎年同じ近場、主に庭廻りの観察ばかりしているにもかかわらず
やっぱり毎年オモシロク、発見があり驚きにあふれています。

一枚目はカシワバアジサイの新芽、おもしろい形ですよね
こんな繭のようなところから葉っぱが生まれるんですね。

新芽

サンショウの出たてほやほや新芽です。
カラフルですね~、赤ちゃん葉っぱ。

タンポポだっておもしろい。
朝露をためこんでこれから開いていこうとする艶めかしさ

蕾タンポポ

お楽しみの季節はまだはじまったばかりなのです。
むしろこれからいきなりの本番がやってきます・楽しみです。

相方も絵の題材になるものがそろそろ生えて来やしないか
いまかいまかとネラッテいる様です・笑

ところでこの季節マクロレンズ出動の季節でもあるわけですが・・・
このところ使っている女流一眼LUMIX G1にアダプターかませての
フォーサーズマクロレンズとの組み合わせ、これがたいへん具合いいのです。
マニュアルフォーカスでのピント合わせのやりやすいことこの上なし
液晶ビューファインダー約144万ドットが効いています。
女流一眼、なかなかやります・笑

(写真/LUMIX G1/E-520/ZD35ミリマクロ/SIGMA APO MACRO 150mm)

関連記事
[ 2010/03/17 ] 植物達 | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/279-08fe1b9a