春の花・ハナモモ 

ハナモモ1

今年も庭のハナモモ2本が咲きはじめました。
梅が咲いて早春、ハナモモ咲いていよいよホントに春。
毎年花を付ける木が身近にある喜びを感じるのです。

春は雨の多い季節、今年もよく降りますよね。
フィールド観察にちょっと出ようにもおっくうになる雨ではありますが
そんな雨のおかげで草木の緑や花色がしっとり落ち着いた見え方をしたりも。
ですからシトシト雨くらいなら逆に喜んで外を眺めに出るのです。

ハナモモ2

水を受け喜んでいる草木にレンズを向けるのは楽しいものですが
昔の銀塩一眼レフカメラと違い今のデジ一眼は電子部品の塊
どうぞ使い捨てて下さいと家電の延長にあるようなひ弱なたたずまい・・・
それでも構わずタオル一枚カメラに引っかけて機材濡らしながら撮りますが・・・

やはり防水で頑丈なカメラであったらなおイイに決まっています。
LUMIX DMC-G1にオリンパスやシグマの単焦点レンズの組み合わせで
これ以上必要としない、という現在の使い心地なのですが・・・
あと一つ、防塵防滴性能があればなぁ~
大きさ重さといい、稼働液晶といい、機能的な使い勝手といい
ワタシの思う「旅・フィールド最強セット」になるのになぁ~

小型軽量防塵防滴フィールドカメラといったら
オリンパスあたりが十八番としていて、やるべき仕事なのでしょうが
真面目で不器用、商売下手なオリンパス、違う方を向いちゃってますもんね・・・

オステオスペルマム

最新iMacを導入してやっと現代的スペックを味わっています。
今までは動作が重くて敬遠していたRAW現像でもサクッと動いてくれます。
JPEG撮って出しだと派手目でちょっと明快すぎるパナソニック色も
好みのしっとり色加減で出力できます、本来の画像素子の力を見る思いです。

ただRAW撮りにハマると画像ファイルは激重でハードディスクの肥しが増えるし
現像にへばりついて絵を描く時間なくなりますからキケンです。
ヤメテおかねばなりません・(^O^)

(写真/LUMIX DMC-G1/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8)

関連記事
[ 2010/04/06 ] 植物達 | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/289-1e9a23ea