モンスーン・ピンディー 

    モンスーンピンディー

更新3回目ですが前回に引き続き脱線です。この先が心配になります。
写真はラーワルピンディ、パキスタンになります。20年近く前のリバーサルフィルムからのスキャニングになります。この旅はカラコルム山中を彷徨い、通称ピンディと呼ばれる街に下りてきました。ちょうどモンスーンに入りたてで雨を待ちわびた民は異様にテンションが高く、バケツをひっくり返したようなスコールの中、傘も差さずに盛り上がり踊る輪の中に入っていった思い出があります。

学生時代から今でもバックパッカーとして旅を続けています。昔風に言う貧乏旅行です。高級ホテルもいいのですが安宿にはふむふむな味わいがあります。庶民の生活にふれられるのも魅力、申し訳ないほど、たくさんの親切を受けてきました、感謝ですね。

旅は制作の原点とこじつけているのですが、あながちウソではなく、この頃はまた「出掛けなければ!」と「とにかく飛び出せ!」とどこからか聞こえてくるようでしょうがありません。
困ったものです・・・
関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/3-eb8bfaae