デコボコ絵画・お披露目2 

デコボコ絵画2

「子供のためのクラス」で描いてきました「デコボコ絵画」
横浜市金沢区にある絵画教室青山アトリエにて
どんどん完成作品が生まれてきています、ということで作品をご紹介。

ーーー制作経過の過去記事はこちらから(↓青字クリック)ーーー
日本画の絵の具を使って描こう
デコボコ絵画・その後 

主に油絵で使われるキャンバス地の画面に
日本画制作で使われる岩絵の具を何回も塗り重ねて作られた下地。
そんな岩絵の具特有のザラッとした手触り、堅牢な画面の上に
「生きものを自由に描いてみよう」というお題で描かれました。

1枚目の掲載作品は5年生女の子の作品。
モリアオガエルが木の葉の間からこちらを覗いているようです。
複雑な色合いの背景に赤や黄色や緑のビビット色がとても鮮やかに映ります。
葉っぱを大きく取り入れた大胆な構図も決まっていますよね。

2枚目は4年生男の子の作品
図鑑で見つけたおもしろいムシ、その名もジンメンカメムシを描きました。
熱帯アジアに棲み背中の模様が顔に見えることからジンメンと呼ばれるムシなんです。
笑った顔のように見える背中模様にまず目がいきますが
バランスよく配された画面全体の色調もいい感じです。

デコボコ絵画3

3枚目は2年生女の子
画面にはフンコロガシがいたりトカゲがいたり鳥も飛んだりで
もういろいろ描きたくてしょうがないという気持ちにあふれていますね・笑
下地で作ったなんとも深みのある色、カッコイイ朱色
そこに散らされた原色のリズムが心地いいのです。

デコボコ絵画4

4枚目も2年生の女の子作ですね。
これは海中風景ですね、黄色いチョウチョウウオを中心に
さまざまな海中生物が描かれています。
こちらも何層にも重ねられた背景色がからみあって
南の海の明るさとその透明感を感じさせてくれているように思います。

デコボコ絵画5

ザラッとした日本画絵の具特有の質感を持った画面に描かれた作品達は
子供たちのさまざまな発想とひたすら楽しんで描く姿勢のもとに生まれてきました。
ワタシタチ先生から見てもこんなにも面白くてパワーあふれる色使いが
どんどん出てくる小さな作者達にいまさらながら驚いているのであります \(^-^)/

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/315-1c1392fc