梅の仕込み完了 

梅酒の仕込み

少し前になりますが今年も梅酒と梅酢の仕込みを終えました。
昨年梅の木に大剪定を入れましたので梅の実の収穫は例年より少なくなりましたが
ワタシタチ個人用ですのでそれでも十分な量になります。

以前はお酒もよく飲んで、たびたび大酒くらってそれでもケロッとしていたのですが
ひたすら制作三昧の日々になって久しく、そうなると晩酌する余裕もなくなり
今ではほとんど飲まない日常となりました。
そうなるとアルコールに強かったのも過去の記憶となりまして
今でもたまの酒宴では、もともとキライじゃないですのでガブッと頂くのですが
次の日が酷い・・・記憶もたいていとんでいます・・・(;o;)

そんな感じですので梅酒はたまの寝酒でいただきます。
梅酢の方がこのごろは活用度が高く、氷と水で割ったり、ソーダで割ったりして
我が家では暑い夏に欠かせない爽やかな飲みものとなっています。

梅の木とノラ

庭の梅の木は推定年齢50歳強、といったところでしょうか。
我が家の敷地内生物でいちばん年寄りなのは間違いないところです。
長年の風雨と剪定で枝ぶりは梅の木らしくうねりまくり風格があります。

メジロやヒヨドリが羽を休め、根際ではヒカゲチョウが隠れ、近所のノラもあそびます。
暑い盛りには梅の木のつくる木陰にイスを出してワタシタチも和みます。
木1本でみんなシアワセなのです・笑

展覧会の作品引き渡し期日もさらに目前蒸し暑い中仕上げの筆を入れています。
しかし今日もドウシテモ見逃す事が出来ないW杯2試合・・・
アルゼンチンにドイツ、スペインにパラグアイ。きわめていいカードです・笑

残すところW杯も6試合のみ、制作に観戦に気合いの入った日々はもう少し続きます。

(写真/E-520/ZD35mm MACRO)
関連記事
[ 2010/07/03 ] 日常 | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/328-e104fad5