模写の続きとクルミと手 

子供のためのクラス、まだまだ模写の制作は続いています
突きつめて描けば絵描きさん達が何を思って描いたのか感じられるかもしれません

ゴッホのイス、あと少しです。色が美しい!
模写

田中一村のチャボ、力強く凛々しい素描になって来ました
模写

模写の絵が先に終わった人たちは次の課題、クルミを持った手を描きます

絵のスピードはそれぞれですから
描くのが早いとエライなんて事も遅いとマズイなんて事も無し

協調性も大事ですが絵や美術で大切なのは「個」ですよね

クルミと手

さて、クルミと手、、、いつも言いますがよく観て、よく観て
クルミと手

鉛筆であたりを取ったら割りばし削った割りばしペンにて墨で描きます
クルミと手

判ったフリは駄目、よく観て何度も見直し、色を入れたい人は水彩絵の具を使います
クルミと手

一日描き切りでたくさん味のある「手とクルミ」の絵がアトリエに並びました

次もちょっと面白い絵?をやります、その次にはお菓子作りのイベントです
どうぞ、お楽しみに〜 (^^)
関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/658-adf5d672