手のデッサン 

大人のためのクラスから、手のデッサンです
自分の手がモデルです、イイなと思うポーズをとってもらって描きます

それぞれはじめて描いた手のデッサンですがよく粘って迫ることができました

手のデッサン

見慣れている手、たかが手、なのですが描いてみるとなかなか難しいものです

形についても動きについても質についても色についても
描いてみればいかに複雑でたくさんの要素を含んでいるかがわかると思います

手のデッサン

身近にあって知っているつもりでも、、その実、、わかってない
見ているつもりでも実は見えていなかった、、そういう事ってきっと多くあります

注視したり漫然と見てみたり、さわったりつねったり、温度や重みを知ったり

手のデッサン

手だったら骨を感じたり、筋肉の動きを想像したり関節の動きを知ったり
肌色って実は何色??とか、持ってみたりつまんでみたり、開いたり握ったり、、、

何事もまずはごにょごにょと遠回りしてみましょう

デッサン力は眼力、、その積み重ねが後々必ず効いて来ます
関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/688-542913ee