子供のためのクラスから・いろいろな道具で描こう 

子供のためのクラスから絵の制作です
今回もいろいろな道具を使って描き進めていきます

海綿にスポンジに布やローラーに歯ブラシに刷毛、それに手なんて最も器用な道具ですね
いろいろな道具で描こう

制作テーブルは外してこの制作は床そのままで、、この方が伸び伸び体が使えます
いろいろな道具で描こう

手で描く良さはじかの感触が感じられること
いろいろな道具で描こう
おにぎりをじかに手じゃなく箸で食べたら味が変わりません?そんな感じです (^^ )

スポンジを使ってスピード感のあるタッチを出してみたり
いろいろな道具で描こう

濡れた絵の具が乾かないうちに布で拭き取るとイイ感じに色が馴染んだり
いろいろな道具で描こう

歯ブラシに絵の具をたっぷり付け勢いよくはじき飛ばしながら描いたり
いろいろな道具で描こう

ドライヤーは乾かす道具でもありますが風で絵の具を吹き流したりも出来ます
いろいろな道具で描こう

ローラーを画面で転がしてみたり、型紙を作って網で絵の具をこすってみたり
いろいろな道具で描こう

とかなんとか勢い込んではまって作業を続けてみたら
いろいろな道具で描こう
いつの間にか画面は充実して密度は増して、なにがしかモノを言い始めます

筆を使っても絵は描けますが使わなくたって描けます
いろいろな道具で描こう

カッコ良くなるのなら面白くなるのならどんな方法をとっても間違いではありません
絵の世界では昔からずっとそうです


※現在講師取材旅行中のためお問い合わせ、体験。入学入会希望等の
受け付けを停止しています 。3月17日〜再開します

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/796-85e96508