越冬出来るのかい? 

子カマキリ

画室カンズメ生活継続中・・・です。
気持ちのよい季節、お散歩日和ではありますがもっぱらインドア生活です・笑

日本画画材の岩絵の具や顔料を使って描いていますので
画面を立てずに寝かせて制作します。描いている画面の前に座布団一枚、
その上に座って集中するともう当分の時間移動しません。ほぼ同じような姿勢で
しゃかしゃか筆を動かしハッと気づくと数時間過ぎています・笑

同じ姿勢で数時間、慣れない方が同じ事をされたら苦行でしょうけども
そこは大丈夫、少々足は固まりますが長年の継続でもう慣れています。
わらじを編んだり漆を塗ったり等々の熟練した職人さん達は
黙々と定位置に座して作業を進めますね、そう、気分は職人さんですね・笑

写真は画室定位置の座布団脇でちょこりんとおりました子カマキリ。
体長1.5センチ程度のカワユイサイズですが、そこはカマキリすでに臨戦態勢です。
とはいってももうすぐ11月寒くなります、通常カマキリ系は秋に産卵、卵囊で冬越し、
春に孵化といったサイクルだったと思うのですが・・・
今ごろ誕生してきて大丈夫なのか?君は!
暖かい日が続いて間違って出てきちゃったのでしょうか?

と制作座布団の上でパシャリとシャッターを切りフムフムと満足すると
何事もなかったようにまた黙々と筆を持ちます・笑

関連記事
[ 2008/10/29 ] 昆虫達 | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/80-765d6d66