中高生のためのクラスから・絵本制作 

今回は中高生のためのクラスから、中学生の絵本制作です

絵本制作

絵本制作は本来子供のためのクラス6年生が取り組む、小学生の卒業制作課題
なのですが、絵本制作は大作故なかなか簡単には仕上がりません

過去の制作とはいえ未完を放っておいてはいけませんから
中学生になってもたまに思い出して描き続けるのです

↓じんわりといい味出してます
絵本制作

絵本制作
↑表紙のデザインです

↓色鉛筆と水彩を使った切り絵スタイル
絵本制作

絵本制作
↑なんと二年目です (^^ ) 長い時間描いて線が洗練されました

↓ガリバーですね、手描きならではの味わいがよく出てます
絵本制作

絵本制作
↑物語からの完全創作系、かっこいいと思います

小学生6年生後半に始めた絵本制作ですからあれから1年以上時間が経過しています
成長期のこの時期ですからね、絵だって一緒にどんどん変化していくものです

今思う感性で絵柄も変えてしまっていいし、気に入らなければどんどん直しましょう

↓映画作家ティムバートンに傾倒中
絵本制作

絵本制作
↑中学生になって塗りの精度が上がっています

未完で終わらせず完成目指してたまに取り出しては絵本を描き続けているわけですが
完成を急ぐあまり内容がおろそかになってはつまらないことこの上なしですね

絵本制作

諦めず続けることは大変なこともありますが
少しずつでも進めていけばいつか必ずゴールは見えて来るものです

内容で充実して楽しんで、出来れば完成の喜びを味わってもらいたい。そう思ってます

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/855-9817a817