子供のためのクラスから・たまご起き上がりこぼし2 

さて今回も子供のためのクラスから、工作[起き上がりこぼし」前回記事の続きです

タマゴの殻にいろんな小物を使って雰囲気作って表情つけたら顔を描いて
起き上がりこぼし制作中

アイディアやちょっとした工夫が風味付けになるんです

↓1枚目写真手前は会津地方に伝わる郷土玩具の『起き上がり小坊師』ですね

起き上がりこぼし制作中

古くから美術工芸でシャレやユーモアが大切だったことが判りますね
今回同じ路線だと思います

それでは前回の続きでほぼ全員分の「起き上がりこぼし」いろいろです
たまご起き上がりこぼし

ユルさがいい味出しています

ユルさがテイストの一部として広く認知された今だからこそ
その手を緩めずますます調子に乗っちゃって下さい

たまご起き上がりこぼし

ということで、これでほぼ全員の「起き上がりこぼし」だと思います

みんなよろしゅうございました (^^ )

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/857-b00a2264