横須賀美術館・自然と美術の標本展 

今回はいつものアトリエの様子から離れ、展覧会の紹介をしてみましょう

横須賀美術館

横須賀美術館の企画展
「自然と美術の標本展・「モノ」を「みる」からはじまる冒険」に行って来ました

横須賀美術館

今展は美術館では珍しく写真撮影はご自由にというか
むしろ積極的にどうぞ撮ってください、、、そんなスタンス

展示サイドから写真を撮ってシェア拡散しよう、なんて推奨されているわけですから
会場ではみなさんデジカメやスマホで楽しそうにパシャパシャしています

横須賀美術館

それにしても美術館での撮影はやってみるとすごく楽しいです
どこも堅いこと言わず撮影OKなら良いのですが、著作権が云々ということなんでしょうね

で、展覧会場では

天然の鉱物からインスピレーションを受けて制作したオブジェや
横須賀美術館
鉱物の標本仕立てに
横須賀美術館
奇妙な生きものが投影された映像作品だったり
横須賀美術館

植物や胞子からの着想で作られた
横須賀美術館
不思議な形態の立体造形だったり
横須賀美術館

ちょっと珍しい昆虫標本(これは本物ね)もあったりしました
横須賀美術館
横須賀美術館
↑の他国産の派手な標本と共に三浦半島の珍しい昆虫も並んでいましたよ

想像の産物としての仮想生物がそれぞれ立体造形となって
横須賀美術館
かなり徹底してリアルに細部まで作り込まれていたり
横須賀美術館
横須賀美術館

「伝統的な画材紹介」ということの展示もありました↓はニカワ(膠)ですね
横須賀美術館

↓は和筆いろいろの紹介ですね
横須賀美術館

↓は岩絵の具いろいろとその原料となる鉱石の展示
横須賀美術館
て、、展示されていたのはみんな日本画用画材だったんですね (^^ )

全体の展観としてはモノを作り出す原点としての興味や観察
その深度やフェチ度具合の大切さが前面に出ていて
作家それぞれの制作動機の如き文章も添えられて判りやすかったです

夏休みの企画展ということで中学生以下は入場無料ですし、、オススメです
もしお子さんがいらしたら親子そろってどうぞ〜 (^^ )


横須賀美術館は行かれたことありますか?ここはかなりなロケーションですよ
横須賀美術館
浦賀水道を頻繁に行き交う船(外国船が多いのもミソですね)を眺め
遠くに房総半島を眺めての景観、美術館の立地として屈指かもしれません

上質なイタリアンレストランも併設にて食事もOK
横須賀美術館
軽くカフェ気分でひと休み、、、景色眺めてぼんやり過ごすもアリですね


自然と美術の標本展・「モノ」を「みる」からはじまる冒険
2016年7月2日(土~8月21日(日)まで
横須賀美術館Webは→www.yokosuka-moa.jp/exhibit/kikaku/1602.html

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/884-a529a026