子供のためのクラスから・「染め出し遊び・草木染め」2 

今回は子供のためのクラスから、前々記事の続きです

先月11月は染めもの月間ということで
「墨を使った折り染め」から続いて今回は「染め出し遊び・草木染め」

ということで、続きからいってみます

豆乳で障子紙にそれぞれ好きに絵柄を入れたら
染め出し遊び草木染め

はいっ、こんな感じ、、、で一度しっかり乾かしたのち
染め出し遊び草木染め

煮出して冷ました玉ねぎ皮染液・黒米染液・ミョウバン水を使って染めていきます
染め出し遊び草木染め

染液に障子紙をひたしてしばらく置いて
染め出し遊び草木染め

引き上げたら、ミョウバン水媒染液にもしばらくひたし
染め出し遊び草木染め

この作業を2回ほど繰り返すと
染め出し遊び草木染め

障子紙は染まって豆乳の絵が浮き上がって来ます
染め出し遊び草木染め

興味津々です
染め出し遊び草木染め

面白そうな匂いをかぎつけた中学生たちも飛び入り染めです
染め出し遊び草木染め

染め終えた絵入り障子紙は伸ばして並べてしっかり乾かします
染め出し遊び草木染め

乾き上がると、、豆乳イラストが定着した絵入りの染め紙となりました
染め出し遊び草木染め

今回は身近にある天然の素材を使った「染め」という作業
なんだか実験遊びのようでみんなワクワクだったことと思います

草木染めという文化ですね
ヒトははるか昔から代々引き継ぎ身近なモノいろいろを使って染めて来ました

染め出し遊び草木染め

天然染料で染められたモノは色調は柔らかで経年での変化だって長い間楽しめます
ほんの身近に染料になる素材はまだまだ沢山、、今回はそのほんの入り口です (^^ )

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/906-f7441e35