大人のためのクラスから・この頃の制作いろいろ 

今回は大人のためのクラスから、、この頃の制作いろいろです

はじめに完成した作品からお花を3点

時間をかけ岩肌が風化したような下地を作って、ハナミズキの白花を描きました
大人のためのクラスから
下地はテッシュペーパーを樹脂で固めて成型、そこに彩色をかけ洗い出しています

アトリエ初描きの花スケッチから作品化しました
大人のためのクラスから
俯瞰した構図の狙いも明快、野菜のような葉っぱの質感までしっかり描けています

はじめてのアクリル絵の具を使ってみた、、そんな蓮花の絵が仕上がりました
大人のためのクラスから
アクリルは自由度の高い絵の具です、、さらに実験を重ね楽しんで下さい

完成作品の風景画2点です

岩絵の具を使った日本画技法作品、、1枚目が仕上がりました
大人のためのクラスから
岩絵の具は難しい、よく聞く言葉なのですが、そんなことはありません
新鮮な画材を楽しんで2枚目の作画に入りましょう

神社の境内を水彩技法で描かれました
大人のためのクラスから
杜の気配が感じられる、そんな場の空気を捉えた作品になりました

次に制作途中の作品を3枚

雲肌麻紙に岩絵の具に金属箔、、現代日本画技法で進めている作品
大人のためのクラスから
いいですね!美しいです、、完成へ向かう見極めもこれからの楽しみです

幾層にも重ねたブルーの下地に線描を終え
大人のためのクラスから
イスタンブールのブルーモスク、そんな幾何学的雰囲気がすでに出てきました

いろいろなモチーフが絡みあって賑やかな画面です
大人のためのクラスから
このままグッチリ描き込んでも面白いかもしれません、楽しみにしています

基礎のデッサン描画が2点です

水彩彩色に慣れようということでの単体描写、モチーフはカボチャ
大人のためのクラスから
とてもイイ質が描けました、この位リアルに描けたら嬉しいものだと思います

鉛筆を使って描いた静物デッサンです
大人のためのクラスから
時間をかけじっくり対象物に迫りました

次は頭の中で想定し想像しつつ描いたモノクロ画を2点
想定デッサン、構成デッサンとかそんなふうにも呼ばれます

お題は「冬の公園」木炭紙に木炭、消し具には食パンを使いました
大人のためのクラスから
荒削りですがイイですね!勢いがあってシンプル、焦点が定まっています

こちらは「金属バケツを構成して描きなさい」で鉛筆を使ったデッサンです
大人のためのクラスから
今まで培ってきたデッサン力を生かし、自分の世界をもって描き切りました

う〜ん、それぞれに濃ゆい

大人のためのクラスの年齢構成はざっと見て20代から70代でしょうか
美術を楽しむのに年齢は関係なさそうですね (^^ )

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/917-17f5021c