大人のためのクラスから・この頃の制作いろいろ 

今回は大人のためのクラスから、、この頃の制作いろいろ

はじめに↓こちらは商品パッケージのデザインです
大人のためのクラスから

甘味屋さんの商品イメージをトータルコーディネイト、、桜がテーマです

作者は一般大学在学中にアトリエに入り、幾年か絵と親しんだ後卒業を機に社会に出て
一度お勤めされたのですが、美術系への思いが膨らみ一念発起ののちに勤めを辞めて

大人のためのクラスから

アトリエを継続しつつデザイン専門学校に通ってこの春卒業、この作品が卒業制作です
デザイン制作会社への就職も決まりこれからデザイナーの卵として再び世に出て行きます

「おめでとう!」という言葉と共にあの「一念発起の初心忘れず!」でお願いします (^^ )


ではではこの頃の制作、完成作数点から

雪中の豆柴が完成です、基底材雲肌麻紙に岩絵の具の日本画技法で描かれました
大人のためのクラスから
雪と親しむ豆柴の表情がよく出ています

こちらも日本画技法作品、この技法の制作に入って完成作2枚目です
大人のためのクラスから
絵の具や素材を楽しんでさらに遊んでいきましょう

こちらは木炭と鉛筆、水彩を使って描かれた作品
大人のためのクラスから
かっこいい人体フォルムに衣服の描写も味があって、素敵な1枚となりました

「ワタシの冬景色」というお題、スマホや資料参照無しが条件、想像のみでの作画です
大人のためのクラスから
資料なしは描写が少し甘くなります、がその分夢のようなシュール感が出てきました

ここからはもう少しで完成、もしくは途中作品

称名寺の太鼓橋、アクリル絵の具と顔彩の水彩系絵の具ですすめています
大人のためのクラスから
ペールな色調にて独自の雰囲気が出掛かって来て、、あともう少しです (^^ )

キャンバスを基底材にしてアクリル絵の具ですすめています
大人のためのクラスから
多層複雑な下地に描線が入りました

絵の具に親しんでいろんな使い方で遊ぼう!の「色遊び下地作り」課題
大人のためのクラスから
水彩絵の具の多彩な可能性を遊びながら体感していきます

ここからは基礎の素描です

カボチャの水彩彩色、、柔らかな色調で自然に捉えています
大人のためのクラスから
続いてきた基礎素描をこれで一旦終え、これから作画いろいろ領域に入ります

アトリエに入会されたばかりの方の単体鉛筆デッサンです
大人のためのクラスから

大人のためのクラスから
お二方ともに丁寧な観察眼を感じます、まずはよく観る!、、 この調子で楽しんで下さい

余談ですが
卒業節目のシーズンになってアトリエ毎にだれかしら手土産持参で報告に来ています
うれしいですね、みんな成長し変化をしなにものかに成っていくんです

そうこうしてると、もうすぐ桜も咲いてまた新しい季節がやって来ます (^^ )

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/922-c6a1198b