子供のためのクラスから・春のイベント「ホットク」 

子供のためのクラスからは恒例春のイベントです

お絵描きだってお料理だっておんなじ「もの作り」
ということでイベントでは日本や世界それぞれのお菓子お料理を作って来ましたが
今回はお隣韓国の粉ものスナック「ホットク」です

屋台文化盛んな隣国へ行けば、街や市場のどこにでも見かける定番屋台おやつです

ではでは、調理を流れで追ってみましょう
ホットクイベント

毎年のことですが、この日は料理アトリエです
ホットクイベント

餅粉、薄力粉に砂糖、塩を投入したらイースト菌を混ぜ込んで
ホットクイベント

ポソポソがしっとりなるまで
ホットクイベント

こねたり叩き付けたりを続けていると表面がツルンとしてきます
ホットクイベント

ホットカーペットと電熱器で保温して、、生地発酵待ちのベンチタイム
ホットクイベント

様子見て生地が膨らんだら、叩いてガスを抜いて
ホットクイベント

適量を手に取って、好みの具を入れ生地を包んでいきます
ホットクイベント

具は各種ジャムに黒糖、バナナやチョコにチーズです
ホットクイベント

いよいよ焼いていきますが
ホットクイベント

ここがポイント、じっくり焼きつつ「ぎゅぅ〜」っと生地をつぶします
ホットクイベント

どんどん押してつぶして平らにするんです
ホットクイベント

焼き色が付くと、、こんな感じです
ホットクイベント

本場のホットクにもいろいろあってもっと揚げものに近いのもありますが
今回は焼ホットク寄りでカラリとした仕上がりです、外カリ中モチな食感を目指します

ホットクイベント

ということで焼き上がったら、、、みんな揃って「いっただきまーす!」

今回もおいしゅう仕上がりました〜

ホットクイベント

この春のイベントが終わると例年桜も咲き始めます

学年がひとつ上がったみんなの絵もこれからまたひとつ成長して
きっとみるみる変わっていくことでしょうね (^^ )

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/923-ea230fb6