大人のためのクラスから・この頃の制作いろいろ 

今回は大人のためのクラスから、このごろの制作いろいろです
はじめに完成作からいってみましょう

「藤の巨木」完成しました。雲肌麻紙に岩絵の具の日本画技法で描きました
大人のためのクラスから
じっくり時間を掛けて深みとコクを画面に封じてその藤の記憶を画面にとどめました

こちらも日本画技法で描かれた「小鳥」
大人のためのクラスから
背景と鳥、植物のモチーフの色彩がいい具合に絡んでいます

こちらも日本画技法で描かれた「猿島と空」
大人のためのクラスから
白群から群青へ、広がる空のグラデーションにぽかりと浮かんだ猿島です

「称名寺の池」麻キャンバスにアクリル絵の具で描きました
大人のためのクラスから
色といいカタチといい、いい味出してます。写真じゃこういった味は出ないです

先日行われたグループ展出品作中の1点です、水彩で描いた葉っぱが1枚
大人のためのクラスから
イイですね、この調子でどんどん描くといいと思います

サラッと描いた女性像、木炭紙に木炭で描いています
大人のためのクラスから
挿絵にでもなりそうな、、雰囲気を持っています

「花のある景色」をお題とした想定彩色画、アクリル、水彩の併用で描きました
大人のためのクラスから
シュールな題材に持っていって、しっかり描き切りました

基礎素描としての彩色静物画です
大人のためのクラスから
時間を掛けてそれぞれの質感までよく描き分けることが出来ました

基礎素描としての「手のデッサン」です
大人のためのクラスから
入会されてまだ長くありませんが、よく観て食らい付きしっかり描かれています

ここからは途中作品いくつかをピックアップ

次作のエスキースです、、構図が決まりました
大人のためのクラスから

木炭紙、木炭で描いている「自画像」 消し具の食パンかじりつつ進めてます
大人のためのクラスから

「池子の風景」鉛筆と水彩を用いた淡彩画、少しの加筆で完成しそうです
大人のためのクラスから

水彩アクリル併用で進めている「若冲模写」です
大人のためのクラスから

コクのある背景色にコブシの花が一本、描きどころを案じつつ進めます
大人のためのクラスから

大人のためのクラスは子供、中高生クラスと比べてもかなり年齢幅が広いのですが
こう並べてみても差も違いもとりたてて感じられませんよね

若くたって年をとったって、イイものはいいんですね
年で分けるより、それぞれの個性、、年齢カテゴリ分け等出来ないのが絵の世界です

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/934-38c245a1