子供のためのクラスから・「アート曼荼羅砂絵」その3 

子供のためのクラスから「アート曼荼羅砂絵」、、その3は完成編になります

で、突然ですが「砂曼荼羅」って何でしょう?

それは字のごとく砂で描かれた曼荼羅ということで
砂絵曼荼羅

チベット系民族の一部に伝わるチベット仏教の法要に使う法絵となります
ヒマラヤ奥地のムスタン地方が細密な砂曼荼羅をつくる土地として知られていますね

砂絵曼荼羅

チベット僧院の僧侶達が長いとひと月もかけてコツコツ描き上げるそうです

ついに描き上がっても法要が終われば、描かれた砂曼荼羅はその場でザザッとかき消され
砂曼荼羅に使われた砂は川へと流されていきます

砂絵曼荼羅

砂は川を行って海まで渡り広がって、、曼荼羅に込められた思いも共に広がっていく
砂曼荼羅は簡単に言うとそんな成り立ちだったかと思います
(↑画像3枚Web上にてお借りしました <(_ _)> )

だいたいこんな感じのヒマラヤ山中山砂漠
砂絵曼荼羅
このスケッチの場所からだいたい一日歩くとムスタン地方入り口にたどり着きます (^^ )

ということで砂曼荼羅の説明を終えて
子供クラスみんなのアート曼荼羅砂絵、完成作です

砂絵曼荼羅

ところでさらに「曼荼羅って何?」と聞かれたら

砂絵曼荼羅

、、簡単に言うとですよ

砂絵曼荼羅

「この世界や宇宙の事象すべてを統合的に表した図」と言った感じでしょうか、、、

こりゃまたとらえようもない程のスケールです

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/959-c7ce3dcc