子供のためのクラスから・墨流し 

マーブリングに描こう

今回は子供のためのクラスから、、お題は「墨流し」です

いつものように作業や作画の説明を受けたら、、さあ始めていきましょう
マーブリングに描こう

用意したのは青墨、茶墨、濃墨、薄墨、テレピン油に筆につまようじ
マーブリングに描こう

画用紙を敷き水を張った容器に各種の墨とテレピン油をたらして
マーブリングに描こう

つまようじや筆を使って、描くようにそっと水面をすべらせます
マーブリングに描こう

いい頃合いの墨型が出てきたら画用紙を引き上げます
マーブリングに描こう

今回はさらにこの墨流しを下地として使って好きに絵を描いてみます

絵のお題は「いきもの」です
マーブリングに描こう

マーブリングに描こう
いいですね〜

墨流しの下地が雰囲気をかもし出しています
マーブリングに描こう

マーブリングに描こう
使う画材も墨や絵の具や色鉛筆やパステルと、、すべて自由

お題のいきものから外れたって描きたいのならそれも良し
マーブリングに描こう

マーブリングに描こう
今回の絵は多くない時間で描いた瞬発力系の作画です

それだけにそれぞれのアイディアや個性がしっかり出て来ます
マーブリングに描こう

マーブリングに描こう
何を描くのか、モノトーンなのかカラーなのか、線描なのか塗り込むのか

画面の中の配置、構図についてもそれぞれの「らしさ」がよく出ています
マーブリングに描こう

マーブリングに描こう
いいですね〜

だれが見ても上手いものもイイのですが
美術ではオンリーワンの趣を持つものがさらにもっとイイんです

そういった意味で言うと
もうすでにみんな持ってますよ〜!、、と、そう言えます (^^ )

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelieraoyama.blog21.fc2.com/tb.php/986-1acd5be6